不用品回収と買取はどこに頼む?

このサイトでは、不用品回収や粗大ごみを処分する方法をご紹介しています。

 

引越しや生前整理、遺品整理、生活していると知らない間にいらないものって不思議と増えてきますよね。

 

いざ不用品や粗大ごみを捨てようと思った時、住んでいる地域によって粗大ごみの処分方法はいろいろです。
なので、どうやって処分したらよいのわかりません。

 

そんな方の参考になればと不用品や粗大ごみの処分の仕方や不用品回収や買取業者を調べてみました。

自己紹介

はじめまして。
私は、神戸市の金融系の会社に勤務する40代の会社員です。

 

転勤の多い業種なので、いままでもいろいろなところに住んでいました。
子供が小さいうちは、転勤した先に家族で引っ越しをしていたんですけど今は単身赴任。

 

4年前に、妻の実家がある千葉に家を建てたことや子供の高校進学があったので、それからはずっと一人暮らしです。

 

まあ、学生時代から結婚するまでは一人暮らしをしていたので、家事や料理はそれほど苦ではないのです。
でも、仕事から疲れて帰ってきたときに家に誰もいないのは、ちょっと寂しいかな・・・と思うときもあります。

 

家具、家電を処分したい

4年間続いた単身赴任ですが、人事異動で東京に転勤することになりました。
やっと、千葉の自宅から通勤圏内の移動になりました。

 

実は、千葉の家は自宅でありながら新築時から1週間以上滞在した事がないんです( ;∀;)

 

年齢も年齢なので、しばらくは単身赴任になるようなところに移動にはならないと思います。
っていうか、そう願いたいです。

 

なので今回、神戸の部屋を解約するにあたって、家財道具やテレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電は全て処分しようと思っています。
千葉の家に持って行っても使わないので・・・

 

とりあえず、不用品処分で一番安くすむのは、市の粗大ごみで処分してもらうのが良いかなと思って回収方法を調べてみました。

 

一般的な行政での粗大ごみ処分

一般的に、どこの市区町村でも粗大ごみの処分をしてくれます。
その場合、粗大ごみの回収は有料で、事前に電話やインターネットで申し込みが必要になります。

 

回収する日もそれぞれの市区町村の指定する日の朝までに、指定の場所に粗大ゴミを自身で出しておく必要があります。

 

粗大ごみ処分の流れ

  1. 「粗大ごみ収集窓口」に電話で申し込む
  2. 手数料を納める
  3. 申込みの時に確認した手数料を指定のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストア、ホームセンターなどで支払う。

  4. 粗大ごみを出す
  5. 粗大ごみの見やすい箇所に粗大ごみシールを貼って、収集日当日の朝、申込みの時に確認した場所に出す。
    ほとんどの自治体は、収集時に立ち会う必要はないようです。

 

粗大ごみの品目例

品目例分類 品目例
家具 机、いす、サイドボード、テレビ台、たんす(和・洋・押し入れ用)、鏡台、テーブル、カラーボックスなど
寝具・敷物類 ベッド、ベビーベッド、布団、マットレス、じゅうたん、座布団、ホットカーペットなど
電化製品 電子レンジ(オーブンレンジ)、掃除機、スピーカー、ステレオセット、食器乾燥機、ストーブなど
スポーツ用品 ゴルフクラブ、ゴルフバック、スノーボード、サーフボード、スキー用品など
ホビー用品 卓球台、健康器具、車両装備品、テント一式など
楽器 オルガン、ギター、キーボード、ドラムセットなど
子ども用遊具類 ゆりかご、ブランコ、すべり台、ベビーバス、歩行器など
その他 自転車(三輪車も含む)スーツケース、畳、ベニヤ板、はしご、ペット小屋、物干し台、物干しざお、物置、浴槽、水槽、車いすなど

 

引越しで、粗大ごみとして出すことがあるベッドのマットレスですが、自治体によっては、粗大ごみでは処分できない品目になっているところもあります。
粗大ごみを出す地域の自治体のホームページなどで事前に確認しておきましょう。

 

引越しや遺品の整理などで一時的に多量に出るごみの処理

また、自治体によって引越しや遺品整理で大量に出るごみは回収できませんというところや、1回に出すゴミの量を規制している自治体もあるので、住んでいる地域のホームページなどで事前に確認しておきましょう。

 

不用品回収業者に頼むことに

転居を伴う転勤なので、今回は内示という形で1カ月前には上司から知らされていました。
今まででも、急な転勤だと1週間後には赴任日へということもあったので今回は少し日程に余裕があります。

 

とはいっても仕事の引継ぎの準備をしつつ、引っ越しの準備などをするとなると時間がありません。

 

なので、市の粗大ごみに出すのは諦めました(*´Д`)

 

不用品回収業者は買取もしてもらえる?

今回処分しようと思っている家具や家電は、単身赴任が決まった時に新品で購入し4年間使っています。
家電の買取などを調べてみると、買取業者によって基準が違うようですが、製造年から5年〜10年以内のものは買い取ってもらえるみたいです。

 

うちの家電は、購入から4年なので買取業者に買い取ってもらえるかなと思いました。

 

それに、家電やベッドや生活雑貨は嫁の趣味で揃えたので、ほぼ無印良品です。
シンプルなデザインの無印良品の家具や家電はリサイクルショップでも人気があるみたいなので買い取ってもらえるかも・・・とちょっと期待しています。

 

不用品回収業者はどこに頼む?

なので、不用品回収だけでなく買取もしてもらえる回収業者を探すことにしました。
いざ、不用品回収で業者を探そうと思うとたくさんの業者があります。

 

でも、この業界は怪しいところも多いみたいで、どこに頼んだら良いのか迷いました。
時間もないし、安心して頼める業者を探して、1件1件問い合わせするのも面倒だなぁと思っていたら、不用品回収を一括査定できるサイトを見つけました。

 

このサイトに登録されている業者は、運営会社の規約をクリアした業者なので安心できそうです。
また、対応エリア別で検索することができます。

 

登録されている企業の情報もサイトで確認できます。
情報には、業者の持っている許認可も記載されています。
これが、回収業者を選ぶ時の参考になりました。

 

業者が買取業務をするには、都道府県公安委員会から古物商の許可を受けている必要があります

 

今回は、家電などの買取もしてもらえる業者が良かったので、産業廃棄物収集運搬許可証古物商の許可を持っている業者を選んで査定依頼しました。

 

価格の比較だけでなく、そういった情報も一度に確認できるのが良かったです。

 

それに、テレビCMでよく見る引越し侍とも提携しているというのも信頼できるかなぁと。

 

サイトには、不用品おかたづけの都市圏の平均相場や業者の選び方などの情報も載っているので参考のためにサイトをチェックしてみるのも良いですよ。

 

>>エコノバ公式サイトをチェックする

 

 

 

 

 

TOPへ